© 2017 the eastern monkeys

レンブラント

二人真夜中過ぎのバス停で来るはずの無いバスを待ってんだ
どこに行けるのかなんて考えないで今はただ笑ってる
滲むライトから流れ星へ
届くメロディを朝が来る前に捕まえよう

いつか華歌の川沿いを、緑の凪いだ丘を
煌やかな天使の梯子を、手を繋いでいれば
Let’s sing

二人真夜中過ぎの公園で錆びたブランコを揺らしてんだ
遊び疲れて眠るまで揺れる子供みたいに笑ってる
灯る街灯から流れ星へ
届くハーモニーを朝が来る前に捕まえよう

いつか華歌の川沿いを、緑の凪いだ丘を
煌やかな天使の梯子を、手を繋いでいれば
Let’s sing

夜の街を駆け抜けてく台風さえ彩ってる
辿り着けばそれだけでいい、君に会えるあの街角へ

いつか華歌の川沿いを、緑の凪いだ丘を
Let’s sing

今も探してるユートピア、レオナルドの樹の下で
煌やかな天使の梯子を、手を繋いでいれば
Let’s sing